釣割

最新攻略コラム

2012年7月19日

ボートエギング(Sフォール)

まだまだこちらのエリアではデカアオリが好調です!
 
そしてボートエギングでもようやくフォールの釣りをされる方が増えてきてデカアオリを釣り上げています。
 
やはり大きアオリを釣る確率は私の経験ではフォールが多いですね。
 
前回はシャクル→ストップ→ステイまでお話しました。
 
そしてステイ後のエギの動きですが、まずボートエギングではボートが動いていることを想定してください。そのままロッドをステイの状態にしておくとボートの動きと同様にエギは引っ張られます。
 
そこでステイの状態ではロッドを少し立ててエギをステイさせます。そしてボートが動く速さに合わせてロッドを倒しておきます。
 
ロッドを寝かせた分ラインを送り込むわけですからエギは多少の上下はあるにしても水中で漂っているはずです。
 
そしてロッドをボートの動きより早めに倒すとエギは若干フォール姿勢に入ります。この一連のロッド操作がSフォールなのです。
 
ですから自分なりのスピードを調整していくと、その日のパターンが見えてきて今まで以上に大きいアオリが釣れるチャンスがあると思います。

しかしこのようなSフォールをするパターンとしまして、ある一定の場所からの行動範囲の狭いアオリやかけ下がりなどのブレイクにつくアオリなどを狙う時に効果的ですね。ティップランとの融合ももちろんアリです。
 
フラットエリアではティップラン、そして障害物周りではSフォールと使い分けてもいいと思います。
 
今回でアオリイカのボートエギングのお話は少し休憩いたしまして次回はライトエギングのお話をしてみたいともいます。