釣割

最新攻略コラム

2012年8月2日

ライトエギング

ようやく私のホームグラウンドではデカアオリシーズンもほぼ終わり、この辺で言うヒイカ(小さいイカ)やアカイカ(マルイカ)などが釣れてきてライトエギングの時期がやってきました。

このライトエギングでは名のとおりライトなエギングでエギのサイズも1.8号など小さいエギを使います。そしてイカの種類によってはスッテも使用します。
 
そしてこのイカはお昼はある程度の水深でいるために、この1.8号程度のエギでは太刀打ちの出来ない水深です。

しかし日が暮れるにつれ堤防などの灯のついている所に寄ってきます。それをライトタックルで狙うというわけです。
 
まずエギをキャストしてカウントダウンでエギを落としていきある程度カウントダウンしたらシャクリを入れてアタリを待ちます。
 
この時のシャクリはエギも軽くラインのガイド絡みを考えるとワンピッチジャークがいいでしょう!
 
そしてシャクッた後はラインを張ったままエギがカーブフォールしていく姿勢でアタリを待ちます。
 
アタリが分かりにくいときはロッドを少し引いて水平移動気味にしていくのもアタリがよくわかっていいと思います。
 
そしてアタリがなければカウントダウンの数を変えてやるのも連チャンパターンにハマるには効果的です。
 
そしてこのイカを釣ったらイカ自体が小さいこともあり沖漬のタレも持参すると美味しいのが作れますよ♪
 
次回は今流行りの鉛スッテのお話をしてみたいと思います。