釣割

最新攻略コラム

2012年9月20日

サワラジギング

今現在私のホームではサワラがかなり釣れています。私も毎回2匹から6匹で船中(6人程度)多いときで30本以上と爆釣と言ってもいいのではないでしょうか!?
 
そして大きさも75cm-120cmとグッドサイズばかりで食べても最高に美味しいです。

私はその日、次の日にはタタキが大好きですし、他にも塩焼き、西京焼きにと本当に美味しいです。では本題に入りたいと思います。
 
まず基本的には以前にお話したマダイのジギングとタックルはほぼ同じです。
 
まずはロッドですがサワラの場合フォール中のアタリも多いことからベイトタックルが断然ベストです。
 
なぜかと言うとサワラの歯はもの凄く鋭くジグを完全フリーの状態で落としていくとスパっとラインを噛み切らてしまいます。ものの見事になんの感覚もなくスパっとやられます。
 
これを私たちは『サイレントカッター』と呼んでいます。ですからベイトタックルがオススメです。私は6ft-6.6ftくらいの軟らかめのロッドでサワラの一瞬の瞬発力からのバラシを少なくします。リールもマダイの時同様ダイワで言うならRYOGAなどの小型から中型のリールが使いやすいでしょう。
 
そしてラインはPE1号でリーダーは5号を3-4mくらいで良いでしょう。
 
ジグは水深によってまちまちですが私のよく行くエリアでは目安として50mで100g-120g、水深80m前後で120g-180gと潮の速さによって使い分けをします。
 
今回はこの辺で次はサワラに有効なジグアクションなどを紹介していきたいと思います。