釣割

最新攻略コラム

2012年10月4日

サワラジギング2

台風も去りましたがまたまた次なる台風が発生しました(泣)
 
しかし荒れあとの海はジギングに関しては魚の活性も上がることも多々あるのでそれに期待です!そしてまだまだ好調のサワラについてもう少しお話していきたいと思います。
 
サワラのジグアクションについては私の場合スピードはその日によってまちまちですが一つだけ言えることは一定のスピードでしゃくり上げてくることです。

サワラはみなさんご存知の通り歯が鋭くジグをあまりイレギュラーな動きをさせるとジグばかりでなくラインまで歯がアタリラインブレイクなんてこともしばしばです。
 
ですからスピードはまずゆっくりと一定のスピードでシャクリ、そして次にもう一度ジグを底に着底させてからは先程のスピードより少し早めにそして一定にと一回一回スピードは変えてみるもののその一回は一定のスピードを保つことがサワラの歯に対する対応です。
 
そしてサワラがジグを食った瞬間アワセを入れるのですが、サワラは一度アワセで十分です。100mを越えるサワラでも私はサバの感じでやりとりをします。もちろん引きは大きいだけあってサバより強いのですが口などはもろくあまりアワセすぎると切れの原因になりかねません・・・そして食い上げが多くフッと軽くなってもひたすら巻いてください。

食い上げの長い時は10m以上こちらや上に向かって走ることもあるので、バレた切られた!と思わずにとりあえずひたすら巻いてください。そうするとバレていなければまたサワラの引きが出てきますので!この時に諦めて切られる方が私は多く見てきました。
 
まとめますとシャクリのリズムは一定そしてアワセは一回、バレた切れたと思っても取りあえずはひたすらリールを巻く!です。一度まいうー!サワラに挑戦してみてください。
 
次回はいよいよシーズンインいたボートエギングをお話していきたいと思います。