釣割

最新攻略コラム

2012年11月8日

ボートエギング基本編パート2

今年は益々快調なボートエギング!私もここ数年では一番良い感じに釣れていて今後水温が下がってくるとサイズも大きくなりかなり楽しみが増えてきます。
 
前回は海藻など根掛かりしそうなポイントでのカウントしながらのエギを落としていくお話をしましたが、今回はフラットエリアの回遊イカ狙いエギの着底をお話をしていきたいと思います。前回もお話しましたが今回に関してもドテラ流しのボートエギングを前提としたお話をしていきたいと思います。
 
フラットな場所では根掛かりも少ない為に少し重いエギを使ってのエギングをすることが多くカウントダウンしなくてもラインを見ているだけでエギが落ちていくのが分かります。

もし分かりにくい方はラインを水面にS字や丸をPEラインで書いてみてください。
そのS字や丸がエギの沈下スピードで真っ直ぐになっていくわけですから、それでエギの落ちていくスピードがわかると言うわけです。
 
前回、今回はエギをアオリのいる水深まで届けていく事をお話させていただきました。
 
そして次はシャクリの動作に入るわけですが、今回は今の時期有効なシャクリをお話したいと思います。まずはエギを底に着底させワンピッチジャークを5-8回くらいシャクリをします、ワンピッチジャークはロッドを1回シャクルごとにリールを1回巻くというパターンです。これをすることによってエギをある程度横に動かすイメージでシャクリをします。そして次はエギを止めます!この時に最後のシャクリではあまりエギを跳ねささずにシャクリ止めをする感じでピタッとエギを止めることが重要です。
 
これは止めた瞬間のアタリがかなり多いことからこの最後のシャクリだけは止めることを意識しながらシャクッていただくとよりアタリが分かりやすです。
 
次回は色々なアタリについてお話していきたいと思います。